連歌の花道『新月ノ歌会』

神無月の歌会

新月ノ歌会工事中

こ、き、くる、くる、くれ、こいこい初恋の青さもぜんぶかき消せよ風 笠原楓奏(ふーか) × 小泉夜雨

平成25年度 神無月の歌会『上弦の部』

今月は11月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも11月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(3点)×1票
並選(1点)×2票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

冠冬はじめ宿無しねこがバス停で

出詠名 遊糸
首席 / 30点 ×8 ×4 ×5 ×1

互選名 温かい図鑑愛紗美はだしゆりぐも管理人迂回する案眠いよくじらの文麿五月雨と憂鬱クニコ鏡が映すものヒトデマンmiyafi月々紛小早川遊糸

選評名 日差しが温かい場所なんでしょうか。それとも何処かへ行きたいんでしょうか。絵本のような味わいです。風景描写にも、ファンタジーにもなりそうですね。
maple
★0
「宿無し」という言葉に漂う寂しさに、温かさのあるひらがなの「ねこ」がくっついて独特の空気感がうまれている気がします。捕らえ方でバラエティに富んだ下の句がうまれそうな、いい上の句だと思いました。
はだし
★0
言いたいことは前のお二方が仰っていらしたので、私は率直な感想を。
迎えに行きたい!!うちのこたつにおいで!!
愛紗美
★0
花道の看板娘こと遊糸さんの優勝でーす
★:゚*☆※>(・v・*) おめでとうございます!
管理人
★0
投票・感想だけで失礼します!
公開された直後にさらさらっと全部の句を流し見た段階で、ピカリと一際輝いて入ってきていました!
そのあと皆さんの選評を見てやっぱりな。と。
今更ですがそれぐらい素敵でしたと一言お伝えさせてください。
クニコ
★0

選ばれて電車で行こう神の旅

出詠名 くじらの
2 / 14 ×3 ×3 ×3 ×1

互選名 温かい図鑑はだしナイス害管理人卯鷺文麿遊糸ヒトデマンくじらの

選評名 なんとなく寂しくなりがちな季節なので、このわくわくした雰囲気は新鮮でした。下の句を考えるのが楽しそうです。
はだし
★0
荘厳なイメージのある神の旅が、修学旅行や社員旅行の印象になりました。選ばれた誇らしさと、電車の旅が重なり、楽しい上の句になりましたね。神の句だけに。
maple
★0

木枯らしは挨拶もなく僕に吹き

出詠名 miyafi
3 / 12 ×1 ×7 ×4 ×1

互選名 温かい図鑑愛紗美はだしゆりぐも管理人卯鷺眠いよくじらの遊糸五月雨と憂鬱クニコmiyafi

選評名 「挨拶もなく」という表現から出る「僕」の人柄や心情がとてもいいと思います。
愛紗美
★0

耳を撫でる冬の予感が意地悪く

出詠名 月々紛
4 / 11 ×2 ×3 ×4 ×1

互選名 温かい図鑑愛紗美はだしゆりぐも迂回する案くじらの文麿miyafi小早川月々紛

選評名 冬の予感を耳で感じるというのが斬新だなと思いました。
意地悪く、という部分も好きです。
愛紗美
★0
耳から首筋あたりに冷えた風がゾクゾクッときて、
下手すると風邪の前兆かなー?という時期。
早い目におうちへ帰って、リラックスしたいですね-。
卯鷺
★0

小春空君と共有したくって

出詠名 愛紗美
5 / 11 ×2 ×3 ×3 ×1

互選名 ゆかりみなま文麿遊糸五月雨と憂鬱ヒトデマンmiyafiしんとくめい愛紗美

選評名 日本語のいいなと思うところの一つは
小春のような微妙で曖昧な概念にもちゃんとした名前があるところです。
形あるものや直接的な欲求を満たす言動を求めるのでなく
ただ景色や空気を共有し、共に感じたいという願望が
慎ましくて微笑ましくて
とても穏やかな気持ちにさせてくれました。
miyafi
★0

去るときは熊手を3つ送ります

出詠名 しんとくめい
6 / 9 ×2 ×1 ×1 ×1

互選名 はだしナイス害ゆりぐも卯鷺しんとくめい

選評名 意味を取るのが難しい歌でした。これはただ雰囲気を愉しめば良いのか、
それとも縁起物の熊手を3つ送ることに何か理由があるのか。
その分かりにくさで当然評価も分かれると思います。相手を選ぶ歌が間違い
とは思いませんが、評価を集めるには間口の狭さがやはりネックかと。
管理人
★0
恐らくですが、浅草の酉の市を舞台にしたのではないでしょうか。今年は三の酉といって、酉の市が3回行われます。福を呼ぶと言われている熊手を毎回買いに行き、3つ用意して「離れていてもあなたの幸せを最大限に祈ります」という意味かな、と思いました。
遊糸
★0
なるほど、三の酉まで全て通った願いを送りますってことだ。
あまり馴染みがなくて思い浮かびませんでした。ひゃー。
踏まえて読むとまた良い味わいがありました。
管理人
★0

図書館の色を数える指に触れ

出詠名 迂回する案
7 / 8 ×1 ×3 ×3 ×1

互選名 愛紗美はだしナイス害管理人文麿鏡が映すもの小早川迂回する案

選評名 山々の色づきを数える秋の風物詩と、「読書の秋」を絡めたアイデアが好きです。
秋には図書館も毎日色が増えるのでしょうか。都市なら秋の訪れが見える場所は
そこにしかないのかも。ただ最後に「触れ」で登場人物が急に一人増えて、
関係の不明さから印象まで混迷してしまったように思います。
管理人
★0
解釈を読者に委ねすぎて歌意がぼんやりとしている印象を受けました。うまくいくと世界観が広がり下の句がバラエティに富むのですが、広がりすぎると迷路の中にいるようです。
雰囲気は素敵ですね。下の句しだいではラブレターになるかも?
maple
★0

夕風に枯れ葉を集め綴りたる

出詠名 文麿
7 / 8 ×1 ×3 ×3 ×1

互選名 愛紗美迂回する案眠いよ遊糸miyafiしんとくめい文麿

選評名 叙情感のある素敵な歌ですね。
眠いよ
★0
恋文投げるポストさがして・・・
(!)下の句、できましたーw 
「ゆうかぜ」の優しさが好きです。
卯鷺
★0

雛鳥やここは茶の花香る街

出詠名
8 / 7 ×1 ×2 ×5 ×1

互選名 温かい図鑑ナイス害管理人迂回する案眠いよ遊糸miyafi月々紛

選評名 新しい命を優しく迎える、温かい歌に読みました。
「茶の花香る」が、歌全体にふわっとした柔らかさを与えていると思います。
miyafi
★0

今もまだ眺めるだけの青写真

出詠名 ゆりぐも
9 / 7 ×1 ×2 ×4 ×1

互選名 愛紗美みなま管理人遊糸五月雨と憂鬱しんとくめい月々紛ゆりぐも

選評名 どんな計画なのでしょうか?建築を志すのか、あるいは新生活の夢でしょうか、青写真という言葉が奥行きがあって素敵です 下の句も膨らみそうです
みなま
★0
青写真が何故11月の季語なのか不思議で仕方がなくて、調べたことがあります。季語って面白いですね。青写真はノスタルジックな味わいがある一方で、未来の計画のような意味もあり、時代を戻すことも進めることも出来そうです。
遊糸
★0

並木道 銀杏はらりと君の肩

出詠名 みなま
10 / 7 ×1 ×2 ×2 ×1

互選名 ゆかりはだし卯鷺遊糸五月雨と憂鬱みなま

選評名

「はふはふ」とコンビニおでん頬張って

出詠名 眠いよ
11 / 5 ×0 ×3 ×6 ×1

互選名 愛紗美ゆかりみなま卯鷺文麿クニコヒトデマン小早川眠いよ

選評名 先日やりました。柚子胡椒の存在を教えてくれたのもあなたでした。大根としらたきが、好きです‼
みなま
★0
食べた場所と、コンビニとの距離がとても近いんですね。名古屋ではコンビニでおでんを買うと味噌が付いてくるって本当ですか?こんにゃくとロールキャベツが好きです。
遊糸
★0
京都でも田楽味噌、柚子胡椒、辛子がセルフでもらい放題です こんにゃくにも一票
みなま
★0
とても寒くて、買ってお店を出たそばから食べちゃったのかなと思いました。無邪気な感じで可愛らしいですね。
コンビニおでんあんまり買ったことないのですが、買いたくなってきました!!
おでんに柚子胡椒は初耳でした。
愛紗美
★0

また今日も漬物石に座ってる

出詠名 ヒトデマン
12 / 5 ×0 ×3 ×2 ×1

互選名 愛紗美ナイス害迂回する案眠いよくじらのヒトデマン

選評名 漬物石に座る、というのが可愛らしいなと思いました。
小さい子どもか、おばあちゃんをイメージしました。
愛紗美
★0

ぱき、ぱきと乾いたポテトチップスの

出詠名 はだし
13 / 4 ×0 ×2 ×4 ×1

互選名 愛紗美ナイス害管理人文麿クニコ小早川はだし

選評名 いい音ですね!魅力的なポテトチップスの音が聞こえます。
「ぱき、ぱき」が乾いた状態を表現しているので、改めて「乾いた」を盛り込むのは勿体ない気がします。
季語はポテトでしょうか?それとも空気が乾燥する季節を意識して「乾いたポテトチップス」でしょうか?
maple
★0

紅葉ちる林をあるく夢をみる

出詠名 卯鷺
14 / 4 ×0 ×2 ×3 ×1

互選名 ゆりぐも迂回する案クニコ鏡が映すものmiyafi卯鷺

選評名 「るるる」のテンポがいいですね。スキップしたくなります。夢だから楽しい驚きが展開出来そうですが、逆に物悲しい下の句も似合いそうです。
遊糸
★0

つかの間の主役演じた木陰路

出詠名 温かい図鑑
15 / 3 ×0 ×1 ×8 ×1

互選名 愛紗美ゆりぐも眠いよ遊糸クニコヒトデマンmiyafi月々紛温かい図鑑

選評名 普段なかなかスポットが当てられにくいモノを主役に持ってくるという構図で
下の句に「なぜそれが主役になり得たのか」という謎解きを委ねた、
付け句しがいがある上の句だと思いました。
ただ「木陰」は夏の季語だったはずなので
その部分にはもっと適当な、他の言葉があったような気がします。
miyafi
★0
秋に紅葉で主役を演じた木なのに、冬が来ると一気に存在感が薄れますよね。そういう景なのでしょうか。
前の方のコメントを見て木陰は確かに夏っぽいなと思いました。他にもう少し11月の要素が入っていればよかったかなと。
愛紗美
★0

暦ちゃんスカートめくり照れ師走

出詠名 ナイス害
16 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 はだし卯鷺眠いよクニコヒトデマンナイス害

選評名 スカートは11月の暗喩でしょうか。ユニークですが「照れ師走」が難解でした。
遊糸
★0
11月のカレンダーをめくったら12月、師走のカレンダーが出てきて、「まだ出番じゃないよ・・・」と照れているのかなと思いました。
発想は面白くていいと思ったのですが、切れが多すぎるように感じました。
愛紗美
★0
師走を下着と見立ててるのかと思いました。スカートの下に隠れている師走はもしかして変態?(笑)
せっかく面白いのに少し伝わりにくくて勿体ないなと思います。
maple
★0
11月カレンダーが木枯らしに吹かれてチラリとめくれ、油断していた師走カレンダーがびっくり照れてる光景を思い浮かべました。
日常目にするものに可愛く命をあたえるユニークな発想にクスリとなりつつ、「もうそんな時期か~」という思いにもふけれそうで好きです。
クニコ
★0

同じ月見上げる 遠くの父の手に

出詠名 鏡が映すもの
17 / 3 ×0 ×1 ×3 ×1

互選名 ゆりぐも卯鷺眠いよ小早川鏡が映すもの

選評名 恋人ではなく、父と想いを共有しているところが素敵です。月は世界に一つだけ、父も世界にたった一人だけ。「遠くの」を「遠き」にすると音数がはまると思うのですが如何でしょうか。
遊糸
★0
評ありがとうございます!
表現したいことを汲みとってもらえてうれしいです。
「遠くの」の部分はどうしても上手い言葉が
思いつかずなかなか苦戦したのですが。。。
「遠き」って表現いいですね!
思いつきたかった(笑)ありがとうございます!
鏡が映すもの
★0

枯葉舞う夕空の下を一人行く

出詠名 ゆかり
18 / 2 ×0 ×0 ×1 ×1

互選名 miyafiゆかり

選評名 あたたかい色味から少しずつオレンジ色や黄色に
変化していき、黄金に輝く夕空に舞うのは、
紅葉でしょうか、楓でしょうか。それとも、橅や櫟の葉?
一人歩きも枯葉のお供があれば、のんびり楽しめそうですね。
卯鷺
★0

手のひらで泣いてた君も少女だった

出詠名 五月雨と憂鬱
18 / 2 ×0 ×0 ×1 ×1

互選名 愛紗美五月雨と憂鬱

選評名 音数がはまらず苦しんだのでは。三句6音は意図のある韻律でなく、
妥協のはみ出しに感じました。読み心地が締まらないように思います。
景も今ひとつ伝わらないもどかしさがありました。切なく愛らしい
きれいなイメージを描こうとしてたことは伺えるので残念。
管理人
★0



Fatal error: [] operator not supported for strings in /home/the69/sing-for.month.jp/public_html/open.php on line 498