連歌の花道『新月ノ歌会』

如月の歌会

新月ノ歌会工事中

こ、き、くる、くる、くれ、こいこい初恋の青さもぜんぶかき消せよ風 笠原楓奏(ふーか) × 小泉夜雨

平成29年度 如月の歌会『上弦の部』

今月は3月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも3月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(2点)×1票
並選(1点)×3票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

冠晴れた日の菜の花色の電車には

出詠名 藤 かづえ
首席 / 15点 ×4 ×5 ×4 ×1

互選名 諏訪灯知己凛ロサ・ブラックティーきい404notF0816常盤このは甘酢あんかけ寿々多実果蟻男なぎさらさ静ジャック宮嶋いつく藤 かづえ

選評名 春は黄色い花が多いように思うので、春のイメージ色のひとつに「黄色」もあると思います。春の優しい緑のなかで黄色い電車はまるで絵本の様な情景(^^)黄と緑の組み合わせは、元気が出る気がします。
ロサ・ブラックティー
★0
「晴れた日」に「菜の花色」となると青空と黄色のコントラストが美しい景が思い浮かびます。
下の句をどのように繋げていくか楽しみになる上の句だなと思いました。
知己凛
★0
色がくっきりと鮮やかに立ち上がる句ですね。印象的です。
きい
★0
また、来てたりします(^^;)
電車は遠目で高い所から見るばかりなので、下から見上げて青空との対比は想像できませんでした(^^;)自分と違う視点って新鮮です(^^)晴れた日で光っている車体から、菜の花の鮮やかな黄色を連想するところは、作者の感性の豊かさですよね(^^)連なった電車が遠~くに止まっていたりしたら、菜の花畑と見間違う事もあるかも。
ロサ・ブラックティー
★0

菱餅の歯型の主も母になる

出詠名 常盤このは
2 / 15 ×4 ×5 ×3 ×1

互選名 諏訪灯ロサ・ブラックティーもーたろきい甘酢あんかけ寿々多実果蟻男衣未(みみ)きつね静ジャック宮嶋いつく常盤このは

選評名 やんちゃな女の子の姿が見えるようです。その子が母になろうとしている。そんな時を詠んだ上の句なのでしょう。いろいろ交錯する思いが込められていておもしろいと思います。
もーたろ
★0
家に継がれたお雛様の小道具の菱餅。そこにくっきり残る歯型の主は……。代々語り継がれて行くのでしょうね(笑)下の句付けてみたいです。
きい
★0

薔薇の芽にちよこれいとのとで気付く

出詠名 きつね
3 / 15 ×2 ×9 ×4 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広もーたろきい404notF0816常盤このはキール甘酢あんかけ寿々多実果蟻男なぎさらさ静ジャック宮嶋いつくきつね

選評名 ち、よ、こ、れ、い、と、とテンポ良く飛び跳ねて行った子供が「と」で顔を上げたら薔薇の芽が目の前にある事に気がついてときめいた、という様が浮かびました。子供が美しさに気づく瞬間だなぁと思いました。
トウコ
★0
薔薇もちよこれいとも華やかな言葉で、二つをうまく合わせていますね。景がくっきりとしているので下の句も楽しめそうです。
きい
★0

薔薇の芽が告げる予感に導かれ

出詠名 なぎさらさ
4 / 12 ×2 ×6 ×6 ×1

互選名 諏訪灯知己凛ロサ・ブラックティー村田一広きい常盤このはキール藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果きつね静ジャックえさいなぎさらさ

選評名 薔薇の芽がふくらんでゆくのが、来るべき未来への期待がふくらんでゆくのに重なって、前途の明るさと春の喜びが感じられて、好きです。
ロサ・ブラックティー
★0
とても古い曲で申し訳ありません。南沙織さんの「春の予感」を思い出しました。「春に誘われたわけじゃない、だけど、気づいて、I've been mellow〜🎶」薔薇の芽だけでなく春はそこかしこ楽しい予感に満ち溢れる季節ですね。
藤 かづえ
★0
「-- まどろむ胸の封印を解く」・・・温め続けていたものが、今、開放されて・・などと(^^)
ロサ・ブラックティー
★0

走り来るたんぽぽ色のワンピース

出詠名 キール
5 / 10 ×1 ×6 ×7 ×1

互選名 諏訪灯知己凛ロサ・ブラックティーもーたろ常盤このは藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果なぎさらさ衣未(みみ)静ジャック宮嶋いつくキール

選評名 「たんぽぽ色」という表現がかわいいですね。
下の句次第で、ワンピースを着ているのが小さい子なのか、大人なのか・・・、いろんな物語を作れそうです。
知己凛
★0
上の句全体からぽわぽわした可愛さが漂っています。あたたかで微笑ましい感じが好きです。

★0

砂を吐くしじみが殻に残してる

出詠名 宮嶋いつく
6 / 10 ×1 ×6 ×4 ×1

互選名 知己凛ロサ・ブラックティーきい常盤このは藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果蟻男なぎさらさ静ジャック宮嶋いつく

選評名 旬の味覚だけでなく、体に良さそうなものもいっぱい詰まっていて、シジミには申し訳ないけれど(^^;)「シジミありがとう」って感じですね。シジミよく食べます(^^)大好きです。
ロサ・ブラックティー
★0
しじみは何かを頑なに保持していたのですね(笑)
そう見てみれば、愛嬌があるような気もしてきます。
下の句を考えるのが楽しそうです。
蟻男
★0
普段しじみは砂出しをして食べるだけですが、この句は、しじみ目線て描かれていて、そこが面白いな、と思いました。
藤 かづえ
★0

温む朝独活をゆがいて婚活の

出詠名 甘酢あんかけ
7 / 7 ×1 ×3 ×8 ×1

互選名 諏訪灯村田一広きい常盤このはキール寿々多実果蟻男なぎさらさきつね静ジャック宮嶋いつく甘酢あんかけ

選評名 独活(ウド)と婚活が対比のようで目を引きました。下の句も変わった視線で楽しめそうです。
きい
★0
春の予感、そこへ婚活が出てきて下の句への展開が楽しみです。独活の持つ語感や、独活と婚活の漢字の対比が面白いです。
常盤このは
★0
目でも楽しめるお歌ですね。想像力をかきたてられます。
キール
★0
他の方も言われていますが、独活と婚活の組み合わせが面白いです。
きつね
★0

春雪と先輩の背に さようなら

出詠名 蟻男
8 / 7 ×1 ×3 ×5 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広きい404notF0816キール甘酢あんかけ寿々多実果静ジャックえさい蟻男

選評名 何と言いますか、女子学生が先輩にさよならを言っている風景にも取れますけど、私には淡い春雪が、なんとなく明るく感じられて、男子生徒がお世話になった先輩を送り出す場面でもいいなぁと思いまして(^^)
ロサ・ブラックティー
★0
ヒマにまかせてまた来てます(^^;)消えゆくものと去り行くもの、やっぱりこの句、好きです
ロサ・ブラックティー
★0

ひとかけのすみれ色したお砂糖に

出詠名 知己凛
8 / 7 ×1 ×3 ×5 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広きい404notF0816甘酢あんかけ寿々多実果静ジャックえさい知己凛

選評名 お洒落な色の角砂糖なのでしょうか。すみれ色、春らしくて夢があります。
藤 かづえ
★0

春雨が優しく肌を撫でるから

出詠名 トウコ
9 / 6 ×1 ×4 ×5 ×0

互選名 諏訪灯ロサ・ブラックティー404notF0816藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果蟻男なぎさらさ静ジャックえさい

選評名 優しく肌を撫でる、という雨の捉え方が春の暖かさを感じさせて良いと思いました。
諏訪灯
★0
春雨ならではの雨の細かさを上手に表現されているなあと思いました。肌の感覚が何かに繋がって行きそうで下の句を付けたいです。
きい
★0
自分だと「撫でる」を「つたう」にしたいなぁahaha.
ロサ・ブラックティー
★0

道端に咲いた菫を見つめる子

出詠名
10 / 6 ×1 ×2 ×5 ×1

互選名 ロサ・ブラックティーもーたろ藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果蟻男衣未(みみ)静ジャック

選評名 子供さんの想像力の方向性、または、ここからの意外な展開、など、下の句が楽しみです。
甘酢あんかけ
★0

薄桃の色つきリップ春めいて

出詠名
11 / 6 ×0 ×4 ×5 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広もーたろ甘酢あんかけ寿々多実果なぎさらさきつね静ジャック

選評名 口紅ではなく色付きリップとしたところに淡さと軽やかさを感じました。
春先の瑞々しさがにじみ出るようです。
なぎさらさ
★0

どんな春描いてくれるのつくしんぼ

出詠名 静ジャック
12 / 5 ×1 ×1 ×4 ×1

互選名 諏訪灯藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果きつね宮嶋いつく静ジャック

選評名 つくしは土筆と書くので描くという言葉が活きていますね。つくし自体は地味な色ですけど、冬枯れから花や葉で春の色を纏っていく野の様子を思い浮かべます。
寿々多実果
★0
つくしが春を描くというのがとてもいいと思いました。
きつね
★0
「土筆」という感じが生きる上の句で、とても面白く思いました。あえてひらがなにしたと思うのですが、つくしの漢字を知らないと読みが深くならないものですから、読者にもレベルを求められる一首です。
宮嶋いつく
★0

カフェの窓 待つ身も楽し日も麗(うらら)

出詠名 ロサ・ブラックティー
13 / 5 ×0 ×3 ×5 ×1

互選名 諏訪灯村田一広もーたろ甘酢あんかけ寿々多実果静ジャック宮嶋いつくロサ・ブラックティー

選評名 まだかな、遅いな、何かあったのかな、などと思いながらも待つ人がいるのは、心ときめく楽しいことです。麗にその楽しさと春のうきうきした気持ちを感じました。
藤 かづえ
★0

愛しさでふくらんでいる薔薇の芽に

出詠名 もーたろ
14 / 4 ×1 ×0 ×7 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果衣未(みみ)静ジャックもーたろ

選評名 生命の力を感じました。
衣未(みみ)
★0

締切に追われ続ける年度末

出詠名 寿々多実果
15 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー村田一広キール甘酢あんかけ静ジャック寿々多実果

選評名 「年度末」忙しいですね。一日48時間ぐらいほしいです。あまり見ない上の句なので、下の句を見てみたいです。
静ジャック
★0

卒業の門をくぐれば木霊する

出詠名 きい
16 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー藤 かづえ甘酢あんかけ寿々多実果静ジャックきい

選評名 三月は卒業、お別れの季節です。でも、明るくなってきた日差しの中で門をくぐれば新しい出会いも待っていることでしょう。明るい木霊が聞こえてきそうです。
藤 かづえ
★0

川沿いの土手に土筆が顔を出す

出詠名 諏訪灯
17 / 3 ×0 ×1 ×3 ×1

互選名 ロサ・ブラックティー甘酢あんかけ寿々多実果静ジャック諏訪灯

選評名 春風を感じるようななにげない風景の描写に好感を持ちました。ここから下の句でがらっと転じて行くのが楽しそう。いろんな可能性をやさしく待っているような一句ですね。
きい
★0
「-- オテントウサマ コンニチワ」・・なんて、お山のスギの子になってしまった(^ー^)
ロサ・ブラックティー
★0


Tポイントカード月POINTについて sing-for.month.jp/classic/tpoint.html
三ヶ月Data如月の歌会上弦の部H30.02.10 up
順位筆名首席投句選句特選偏差EX合計

EX内訳

最優+3藤 かづえ

最黄+2きつね

最緑+2甘酢あんかけ

欠票-1トウコ

欠評-1

のの+1全員(管理人欠席のため)

月開催後記


藤 かづえさんが通算4回目の上弦首席でした

通算50回出席: えさい

通算10回出席: 甘酢あんかけ


ありがとうございました 花

如月の歌会上弦の部