連歌の花道『新月ノ歌会』

睦月の歌会

新月ノ歌会工事中

レシートに揃った7が連れてくる君をふっきれそうな予感を 天田銀河 × 淡海わこ

平成25年度 睦月の歌会『上弦の部』

今月は2月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも2月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(3点)×1票
並選(1点)×2票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

冠水瓶で今夜零時に会いましょう

出詠名 白猫喫茶店
首席 / 20点 ×4 ×6 ×5 ×1

互選名 黒夜行かりやどスコヲプ文麿はだしさとこみなまさくらもちクニコ柊木えい福間伊与恋をしている五月雨と憂鬱管理人白猫喫茶店

選評名 星座を季語に使うのオシャレですね。しかもそれがドンッと主語に出てくることで、その水瓶がとても大事にされている世界が見えてきます。
管理人
★0
なんだかメルヘンでいいですね。下の句が楽しみな句です。
クニコ
★0
平成26年最初のチャンピオンは、
上の句職人こと白猫喫茶店さんです *:・゚\(’∇’*)
管理人
★0

たぶらかす君のかばんの猫柳

出詠名 クニコ
2 / 17 ×5 ×0 ×3 ×1

互選名 スコヲプ文麿迂回する案月々紛鏡が映すもの恋をしている管理人クニコ

選評名 「たぶらかす」と「猫柳」の相性がやたらとぴったりきます。
猫柳にたぶらかされてるとも読めそう。
微妙なふたりの距離感が下句へのいい振りになってます。
迂回する案
★0
今回の上の句の中で一番惹かれました。
初句ひらがなの「たぶらかす」がとにかくいい働きをしています。口に出すと本当に気持ちがいい言葉です、たぶらかす。猫柳の様子とマッチして、なおかつわずかな君に対する恋心をどちらもうまく表現しています。また、「かばん」の語を使うことで一気に学生同士の情景が浮かび「青春歌」としてかなり質の高い作品になっていると思いました。
恋をしている
★0
猫っぽい女の子が浮かびました。デートのお誘いにも気まぐれで、猫が何かと戯れるみたいに。持ったかばんを揺らしながら、恋の行き先も揺れてる様子。短い詩の中でそれぞれの語が意味を助け合ってストーリーを見せてくれます。
「かばんの猫柳」だけ少し分かりにくい気も、かばん「に」?
管理人
★0

福来たり生まれた君に豆ひとつ

出詠名 五月雨と憂鬱
3 / 16 ×3 ×5 ×3 ×1

互選名 のーりーずんスコヲプはだしさとこさくらもち鏡が映すもの柊木えいmiyafiゆかり管理人五月雨と憂鬱

選評名 子供の誕生を節分と絡めて「福来たり」と表現しているのがとても巧いしいいですね
なんというかしっくりきます
季節感をちゃんと出しながら、別のテーマをも句に含んでいて
「密度の高い作品」という印象を受けました
miyafi
★0
年の数だけ豆を食べるという節分の習慣をうまく使って「豆ひとつ」という言葉を出すことで、子供の誕生を表現しているのが面白いと思います!
「福来たり」と「豆ひとつ」だけで十分に君が生まれたことは表現できていると思うので、これも少し「言い過ぎ」ている印象を持ちました。
恋をしている
★0
ちいさな「君」と迎える季節行事。親や近しい人たちの喜びが伝わってくる気がします。
さとこ
★0

ひさびさの青空、マフラー陽にかざし

出詠名 はだし
4 / 13 ×2 ×5 ×5 ×1

互選名 温かい図鑑白猫喫茶店ばん悠文麿さとこみなまクニコ恋をしているmiyafi五月雨と憂鬱管理人はだし

選評名 シンプルな表現だけなのに、とても胸がすくような爽やかさ。語句の選びと並びのセンスと思います。その動作一つで主体の心情を説明しきる映像的表現が魅力。
5月や8月でなく、2月の「青空」が歌になるのはコロンブスの卵でした。
管理人
★0
2月を想像して「青空」は浮かばなかったので、目にした時にすごく晴れやかな気持ちになりました。特別な行事ではないワンシーンなのに、だからこそ、全体の中でぐっと引き立って見えてきました。
クニコ
★0

梅の子がちいさく灯す道しるべ

出詠名 管理人
5 / 13 ×2 ×5 ×3 ×1

互選名 温かい図鑑ばん悠かりやどスコヲプさとこさくらもちクニコ鏡が映すもの恋をしている管理人

選評名 寒さが続く季節に梅のつぼみを見つけると、小さいのにとっても励まされる気分になりますよね。もうちょっとで・・みたいな。2月の句として新鮮さは少し足りないのかもしれませんが、素直でいい句だなと思いました。
クニコ
★0
情景が一発で浮かぶシンプルな言葉の並びに心奪われました。与えられた幸せなんていらない、素直な気持ちで感じたことの積み重ねで人は幸せになっていくんだという超深読みもしてみました。
温かい図鑑
★0
すごく分かりやすくてきれいな情景ですね。梅のつぼみを街灯にたとえたのは梅の赤い色がぴったりくるのに加えて、春の訪れを感じさせる=暖かさみたいなものもイメージさせる良い表現だと思います。
梅の「子」ときているので「ちいさく」は言わなくてもよかったかもしれませんね。あまり重ねすぎると童謡調になってしまう危険性があるかもしれません。
恋をしている
★0

シャキシャキの水菜揃えて午後7時

出詠名 ばん悠
6 / 9 ×1 ×4 ×7 ×1

互選名 白猫喫茶店かりやどはだしさとこ鏡が映すもの柊木えい福間伊与恋をしているmiyafiゆかり管理人ばん悠

選評名 地味かもですが、誰かを待って夕餉の支度をする情景がぽわんと浮かんできて、私は好きです。この詠草。
福間伊与
★0
初句が効果的に読者の目を引きながら、夕餉の優しい情景をシンプルに詠み上げている良い作品と思いました。「シャキシャキ」をもっと自分だけの音で書けたら、さらに個性的な強さも出てくるように思います。
管理人
★0
これは「揃えて」がすごく新鮮に見えて、映えていると感じました。「水菜を揃える」っていうのは意外と出てこない表現で、でも確かに水菜は揃えるもののような気がしてきます。多分「揃えて」という言葉の相手を待ち遠しく思っている気持ちがシャキシャキの跳ねるような言葉に乗って、上の句全体にハッピーな雰囲気を生み出したんだと思います。午後7時に家に帰りたくなりました。
恋をしている
★0

飛梅の前でうつむく君の背に

出詠名 みなま
7 / 8 ×2 ×0 ×2 ×1

互選名 文麿はだしさくらもちみなま

選評名 「飛梅」検索しました。大好きなご主人の後を飛んで追いかけた梅の木とのこと。すごいお話。そこから「君の背」を見る主体の強い衝動も読み取れます。ただその予備知識がないと正しく評価されにくいように思いました。
季節柄、バレンタインの恋模様も含みがあって面白いですね。
管理人
★0

魅惑の灯 「入ってたんせ」とかまくらへ

出詠名 鏡が映すもの
8 / 8 ×1 ×3 ×7 ×1

互選名 黒夜行かりやどナイス害文麿はだし月々紛クニコ柊木えい恋をしている管理人鏡が映すもの

選評名 二句の方言いいですねえ。そこだけでも情感があふれて印象を掴まれました。全体的にもよくまとまってると思います。あえて言えば初句が少し堅いのかな。
管理人
★0
暖かな灯が見えました。その暖かさをより高める方言がにくいです。
クニコ
★0
方言がやさしくてあったかです。夜のかまくらっていいですね
はだし
★0
皆さん言われているように方言がいいですね。上の句だけでここまでのあたたかさを出せるのは非常に素晴らしいと思います。
「魅惑の灯」も雰囲気にマッチしていて良いのですが、その「魅惑感」も別の表現ができたかもしれないなと思うのは高望みかもしれませんね。
恋をしている
★0

雪解けを祝うコーヒーふたり分

出詠名 スコヲプ
9 / 8 ×1 ×3 ×5 ×1

互選名 白猫喫茶店ばん悠ナイス害はだしみなまさくらもち恋をしている管理人スコヲプ

選評名 雪解けって祝うものかなあ、と思ってしまいました。何か別の表現の方がいい気も……。もし人間関係の「雪解け」なのだとしたらそれを示す何かがほしいなあと。情景が浮かんできてそれは素敵なのですが。
福間伊与
★0
「雪解けを祝う」は関係の雪解けととらないほうが面白いと思うのですが「コーヒーふたり分」とくると、本当にただただ「仲良くなったよ」という歌になってしまう気がして目新しさがないような印象です。ただ、この上句は下句がついたときに僕はすごく良くなると思ったので是非見てみたいです。
恋をしている
★0
人間関係じゃなくて、外の雪で読みました。と言うより降雪に限らず、冬の厳しさが過ぎたことを広く比喩的に表現したと思います。お祝いもパーティーじゃなくて、ただ二人でくつろぐ一時。春っぽすぎるアイテムを使わず、コーヒーで温かさや心休まる風情を伝えるのもオシャレで好きでした。
管理人
★0

フルスウィングで蕗の薹の頭越え

出詠名 黒夜行
10 / 8 ×1 ×3 ×0 ×1

互選名 ナイス害迂回する案月々紛管理人黒夜行

選評名 初句が目を引く良い掴みと思います。子供の野球かな、でも読み方で迷いました。「フルスウィング」で越えたのがたった「蕗の薹」なのは、ボールが全然飛ばなかった様子をコミカルに伝えたのか、それとも遠くの野原まで飛んで行ったのか。いがぐり少年たちを蕗の薹に喩えてるようにも。
管理人
★0
どう読んでも温かい郷愁ある情景で、句の中に誇張やギャップも利いて面白いです。ただ読み手が自信を持って答えられる分かりやすさがあると、さらに評価をしやすいです。詩には間接表現や含みがあって然るべきなので、そのバランスは永遠の問題ですが。
管理人
★0

行く先はまだ知らぬまま初音きく

出詠名 文麿
11 / 6 ×1 ×1 ×5 ×1

互選名 黒夜行かりやどスコヲプナイス害はだしみなま柊木えい文麿

選評名 きれいな雰囲気ですが、主語と相関関係で迷いました。
「(誰の)行く先は(誰が)まだ知らぬまま(誰は)初音きく」のかなって。「誰」は全部「私」なのか、文中に「君」もいるのかなとか。詠み手が見えることも読み手は見えない、そのギャップからかやや難解に感じました。
管理人
★0

ねこやなぎ、ふさり尾をたて春誘い

出詠名 かりやど
12 / 6 ×1 ×1 ×3 ×1

互選名 黒夜行文麿はだし福間伊与五月雨と憂鬱かりやど

選評名 猫柳って見たことがなかったので画像検索してみたんですが、まさにこの詠草の通りの可愛らしい姿で素晴らしい表現力だなあと思いました。
福間伊与
★0
猫柳、本当にしっぽみたいですね。全編ねこやなぎというもの描写に徹していますが、「ふさり」などの表現が活きていると思います。ねこやなぎの後の「、」はなぜ必要だったのか分からないのと、「春誘い」に若干定型感があるあたりがつまずく部分でした。
恋をしている
★0
この「ふさり」は、擬態語表現ですよね。ねこやなぎの情感が見事に変換されていると思います。かなと漢字の使い分けや読点もバランス良く、そのやわらかな印象が伝わります。結句は、誘うのが「春」だと定型的なので、春を隠喩する何かに置き換えてもおもしろいかなと。
管理人
★0

下駄箱のあなたを見てる窓際で

出詠名 のーりーずん
13 / 6 ×1 ×1 ×1 ×1

互選名 さくらもち福間伊与ゆかりのーりーずん

選評名 学生時代のヒトコマいいなあ……と思ったら、全然2月っぽくないことに気付いてしまいました。
福間伊与
★0
バレンタインの情景を伝えたいだろうとは分かるんですけど、それは今回の中にあってこそなので、この句単体を外で見た時にもそれが分かるような表現があって欲しいと思いました。
気持ちを説明せずに、その様子だけで慕情を伝える表現は上手いです。
管理人
★0

雪融けてキャットファイトは十四日

出詠名 柊木えい
14 / 6 ×0 ×4 ×8 ×1

互選名 白猫喫茶店黒夜行かりやどスコヲプナイス害はだしさとこクニコ恋をしている五月雨と憂鬱管理人柊木えい

選評名 十四日は言うまでもなくバレンタインですね。女の子たち様々の争いが「キャットファイト」の一語に巧く変換され、字面も目立って飛び込んできました。初句で季語を消化しながらストーリーも見えて、このまま映画のキャッチコピーにもなりそうな一文です。
管理人
★0
2月ど真ん中のイベントを詠んでいるのに「キャットファイト」と表現したことでぐっと絵の浮かぶいきいきとした句に。うまい!
クニコ
★0
バレンタインをキャットファイトと表現するとは!ほんと素晴らしいですね。
福間伊与
★0
キャットファイト!これは文句なしに良い表現ですね。十四日とこの語だけでバレンタインデーという「戦い」を予兆させるのは見事です!
「雪融けて」は少しとってつけたような出だしなので、ここはもっとコミカルさを打ち出すか物々しさを出すか悩んでもよかったところだと思います。
恋をしている
★0

なまはげもソフトクリームも生きていて

出詠名 ナイス害
15 / 5 ×0 ×3 ×5 ×1

互選名 温かい図鑑白猫喫茶店迂回する案クニコ柊木えい恋をしている五月雨と憂鬱ナイス害

選評名 どういうこと!?というのが第一印象です。
なまはげという古くからある伝統もソフトクリームという夏の食べ物も2月に生きてるよ!ということでしょうか?ともかくこの異色の二つのワードが並んでいるその感性が好きです。下の句の不句チャレンジしたいと思わされた作品でした。
どういうこと!?
クニコ
★0
生きていないものを生きていて、と言い切るいさぎよさ、というか思い切りの良さに大器を感じつつ……本当にどういうこと!?
福間伊与
★0
まさにどういうこと!?ですね。
不思議と「なまはげ」と「ソフトクリーム」の食い合わせは悪くないというか、なまはげの言葉の並びが割合やわらかいからか全体的にふわふわとした印書がありました。微妙にベクトルの違うものを二つ並べているので平坦な印象を作らなかったのもよかったと思います。楽しい歌になりそうですね。
恋をしている
★0

さようなら凍てる頬今は乾ききり

出詠名 月々紛
16 / 4 ×0 ×2 ×2 ×1

互選名 のーりーずん迂回する案福間伊与miyafi月々紛

選評名 失恋の情景が浮かびます。乾いているのは涙でぬれた頬だけでなく、心も? まだ続いてる痛みを感じます。個人的には好きです。
福間伊与
★0

薄氷に似合うブーツと足音で

出詠名 迂回する案
17 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 温かい図鑑スコヲプさとこさくらもち迂回する案

選評名 「薄氷に似合う」は面白い視点と思います。目新しい語感に画も浮かんで、踏み心地が良さそうとか。ただ良くも悪くも、細く「穿ち」な発想なのかなと。感想も「わかるけど」で留まっちゃうような。
管理人
★0

雪解けにむくれる君と笑う僕

出詠名
18 / 3 ×0 ×1 ×3 ×1

互選名 のーりーずんさとこゆかり五月雨と憂鬱

選評名 君と僕を対比させたいのはわかるけれど、なぜ雪解けにむくれているのか、不明なので僕が笑っている理由もまた不明なのです。
福間伊与
★0
上の方の仰るとおり、この句単体だとどういう状況なのかが少し見えづらい気がしました
良さそうな雰囲気はあるので、一度全部ばらして
また違う角度からこの場面を詠みなおすなどすればいいんじゃないかなんて勝手に思いました
もうひとつくらい情報があれば
miyafi
★0
せっかく積もった雪が解けるのを惜しむ彼女と、そんな子供っぽさを微笑ましく見てる彼氏と読みました。ただ「雪解け」が仲直りの意味でも通っちゃうのが混乱の元かも。雪のきれいさや楽しさが一語あると、誤読を避けながら、彼女へ共感も呼びやすくなるように思います。
管理人
★0
私は「雪解け」を「仲直り」と読み、仲直りしたもののどこかまだ腑に落ちてない彼女とそんな彼女も微笑ましく思いながら仲直りに安堵する僕なのかなと捉えました。
ただ現段階で意味がはっきりせずとも、下の句でたくさんの答えが出来上がるのではないでしょうか。
クニコ
★0

行先を 知るのが怖いな 君のチョコ

出詠名 ゆかり
19 / 3 ×0 ×1 ×2 ×1

互選名 温かい図鑑鏡が映すものmiyafiゆかり

選評名 うーん、どういう状況なのだろうか?と。 主語が男性のものだとしたらずいぶんなよなよとしているなあ、なんて思ってしまいました。
福間伊与
★0

助け乞う笑顔を包む鬼の面

出詠名 温かい図鑑
20 / 3 ×0 ×1 ×1 ×1

互選名 かりやどみなま温かい図鑑

選評名 鬼の面の下は笑顔なのに、子供たちから助けを乞われている。…その対比が面白いし、その面白さを表現したかったのだろうなあ、と想像したのですが、なんというか、状況がわかりづらいというか……飲み込みづらいというか……。
福間伊与
★0
子どもに豆をぶつけられ退治されかかっているお父さんが「助けてー」と逃げ回る。こわい鬼のお面の奥にとびっきりの笑顔を隠して。と、家族のイメージが浮かびました。幸せそうでうらやましくなります。
さとこ
★0
鬼の面をしていながら実際は本人が一番笑顔になっている。豆まきをする幸せな家庭を一気にイメージさせるすごくうまい上の句です。
若干飲み込みづらいのは僕はリズムの問題なのかもしれないと思います。「乞う」「包む」と前の二つがどちらも「う音」の動詞で終わっているため、ひとつひとつがぶつ切りになっているような読感がありました。感覚の問題かもしれないのですがそこが少し気になりました!
恋をしている
★0

麗月の空に一輪梅の花

出詠名 さくらもち
21 / 2 ×0 ×0 ×2 ×1

互選名 ゆかりさくらもち

選評名 とても綺麗な詠草なんですが、なんというか……もうちょっとひねりがあると文句なしの良句になったと思うんです。そのひねりが難しいのもわかるのですが。
福間伊与
★0
綺麗というか風流って感じですね、キンとした空気が伝わってくるようです。
「月」「空」「花」とここまでイメージが一定の方向に集まっているので、どうしても目新しさが感じられなくなってしまうのが惜しいところでしょうか。
恋をしている
★0
2月の古名「麗月」は、詩にしたくなる美しい語ですね。
ただ、そこからさらに美しさが並びすぎて感じました。月名は季語になるので、梅が「季重ね」になって余計そう見えるようにも。スイカに塩のような逆の要素が一振りあると、深味も醸しつつ美しさを引き立てられるのかなと思います。
管理人
★0

音もなく始まっていた梅の季節

出詠名 miyafi
22 / 2 ×0 ×0 ×0 ×1

互選名 miyafi

選評名 結句6音がちょっと締まらない感じ、不用意なはみ出しに見えました。
全体の詩情は素敵なので、「季節」の部分に「ころ」や「月」など字数の収まる別の表現を探したいです。
管理人
★0
結句6音はやはり気になりますね。
「音もなく始まる季節」という表現にも既視感を覚えるので、どこか一つ作者の個性が出てくれるところがあれば良かったと思います。
恋をしている
★0


Tポイントカード月POINTについて sing-for.month.jp/classic/tpoint.html
三ヶ月Data睦月の歌会上弦の部H26.01.10 up
順位筆名首席投句選句特選偏差EX合計

EX内訳

最優+3白猫喫茶店

最黄+2白猫喫茶店

最緑+2柊木えい

初回+1黒夜行

六連+3はだしさくらもちさとこ

のの+1クニコ

月開催後記


白猫喫茶店さんが初の上弦首席でした

出詠者さん全員が投票欠席なしでした

通算10回出席: のーりーずん 

連続10回出席: 


ありがとうございました 花

睦月の歌会上弦の部