連歌の花道『新月ノ歌会』

霜月の歌会

新月ノ歌会工事中

変身後のレッドがふんわり優しくて俺も明日からソフランにする ひの夕雅 × 淡海わこ

平成28年度 霜月の歌会『上弦の部』

今月は12月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも12月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(2点)×1票
並選(1点)×3票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

冠きらきらとあるかなきかの初氷

出詠名 藤 かづえ
首席 / 16点 ×4 ×6 ×4 ×1

互選名 村田一広坊斎みちくさ木蓮ロサ・ブラックティーいちかわあさひ雀來豆404notF0816赤木瞳きつねきい静ジャック宮嶋いつく藤 かづえ

選評名 寒いよく晴れた朝の光景。あるかなきか程の薄い氷が朝日に照らされている様子を想像しました。綺麗な景色で季節感もある句だと思いました。
木蓮
★0
初氷のはかない感じが光の加減を詠むことでよりリアルに感じられる。
いちかわあさひ
★0
薄氷をあるかなきかと覗きこむ、詠み手のわくわくした気持ちがきらきらに表されているようです♪
きい
★0
「冷たさ」と「輝き」の描写がとても美しい。素敵な一首が出来上がりそうです。
静ジャック
★0

一晩中考え事をする海鼠

出詠名 宮嶋いつく
2 / 14 ×4 ×4 ×3 ×1

互選名 村田一広坊斎ロサ・ブラックティーいちかわあさひ雀來豆404notF0816赤木瞳きつね藤 かづえ静ジャック宮嶋いつく

選評名 その考え事を世に出す機会が果たして海鼠にあるだろうか。無為に見えるどころか、ほとんど気付かれもしないだろう。聴きに行きたい、海鼠の思考。
坊斎
★0
難しそうですが、ユニークさが気に入りましたので。
ロサ・ブラックティー
★0
このあと、の海鼠がどうなっていくかって考えたら、一番個性的でいいな、と思った。
いちかわあさひ
★0
海鼠とはユニークですね。下句を練るのが楽しみです。
404notF0816
★0

一切を白く包んで山眠る

出詠名 坊斎
3 / 13 ×1 ×9 ×4 ×1

互選名 知己凛蟻男みちくさ木蓮ロサ・ブラックティーいちかわあさひ雀來豆404notF0816赤木瞳きつねきい藤 かづえ静ジャック坊斎

選評名 シンとした冬にぴったりの表現で、こんな風に山眠るを使ってみたかったです。
知己凛
★0
このままで美しいです。
みちくさ
★0
情景が目に浮かぶようです。そして何かの水墨の絵を見ているような趣もありました。
ロサ・ブラックティー
★0
白く、と山眠るが近い感じがあるが、静まっていく山の様子がいい、
いちかわあさひ
★0
森閑とした冬山が目に浮かびます。静かさからどんな下の句が展開するのか楽しみです。
藤 かづえ
★0

あなたから冬が始まればいいのに

出詠名 雀來豆
4 / 12 ×3 ×4 ×4 ×1

互選名 村田一広蟻男みちくさロサ・ブラックティーいちかわあさひ404notF0816きつねユキきい藤 かづえ静ジャック雀來豆

選評名 印象的な言葉ですが、韻律が悪いのがどうしても気になってしまいます。
きつね
★0
色々と想像がふくらみましたので選んでみました
ロサ・ブラックティー
★0
なげやりな言葉から始まる世界観がいい
いちかわあさひ
★0

着ぶくれのこども転がる公園に

出詠名 きつね
5 / 10 ×2 ×4 ×4 ×1

互選名 つん村田一広蟻男坊斎ロサ・ブラックティー雀來豆赤木瞳きい藤 かづえ静ジャックきつね

選評名 “転がる”がネガティヴでなく 弾むような楽しさを上手く表していて、
下の句で公園の何にフォーカスを合わせるか
考えたくなりました。
蟻男
★0
寒くても元気に遊ぶこどもたちの声が聞こえそうです。
藤 かづえ
★0

夢を見て舞いおりてくる冬の鳥

出詠名 木蓮
6 / 8 ×0 ×6 ×2 ×1

互選名 知己凛村田一広坊斎ロサ・ブラックティー雀來豆ユキ藤 かづえ静ジャック木蓮

選評名 舞い上がるときではなくて、舞いおりてくるときに夢を見ているというのがおもしろいと思いました。
きつね
★0

マッチ売る少女のように息を吐く

出詠名 いちかわあさひ
7 / 7 ×1 ×3 ×7 ×1

互選名 つん知己凛村田一広蟻男木蓮ロサ・ブラックティー雀來豆404notF0816ユキ静ジャック宮嶋いつくいちかわあさひ

選評名 身体の芯から冷えている少女に、あたたかい光がさしますように。
つん
★0

北風に負けないように前を向く

出詠名 みちくさ
8 / 7 ×1 ×3 ×5 ×1

互選名 つん知己凛木蓮ロサ・ブラックティー雀來豆404notF0816藤 かづえ静ジャック宮嶋いつくみちくさ

選評名 寒い季節に熱い思いを感じます。力強さがいいですね。
知己凛
★0
寒くても立ち向かっていくパワーを感じました。
藤 かづえ
★0

たった四字 言えぬ言葉は白い息

出詠名 蟻男
9 / 7 ×1 ×3 ×4 ×1

互選名 村田一広みちくさ木蓮ロサ・ブラックティー雀來豆404notF0816きい静ジャック蟻男

選評名 四文字の言葉をいろいろ考えつつ、広がりがあってよい上の句だと思いました。
みちくさ
★0
皆さんがどう続けるかとても気になりましたので(^^)
ロサ・ブラックティー
★0
四字がどうも気になりますね!
きい
★0
本当にいろいろ考えさせられました「ありがと」とか「さよなら」とか「ごめんね」とか「だいすき」とか(^^)
ロサ・ブラックティー
★0

はつゆきがふわりてのひら落ちてきて

出詠名 404notF0816
10 / 7 ×0 ×5 ×3 ×1

互選名 みちくさ木蓮ロサ・ブラックティー雀來豆ユキ藤 かづえ静ジャック宮嶋いつく404notF0816

選評名 とても綺麗な情景!ひらいてあるせいか雪なのに暖かそうな印象を持ちました。さてさてこのあとどんな展開が待っているのでしょう?!
静ジャック
★0

「さんたさんごくろうさま」と手紙あり

出詠名 つん
11 / 5 ×1 ×1 ×7 ×1

互選名 蟻男木蓮ロサ・ブラックティー雀來豆404notF0816赤木瞳ユキ静ジャック宮嶋いつくつん

選評名 こどもが「ごくろうさま」と使うのはちょっとおかしな気もしますが、ときどき大人に倣ってそういう子供っぽくないことを言いますよね。そういうかわいさがあります。
きつね
★0
ほのぼのとしたかわいらしい句ですね。下句が楽しみです。
404notF0816
★0
サンタさんにお願いの手紙はよくあるけど、感謝の手紙はなかなかないことかも。それだけに、子どもの無垢な優しさが出てきているようで、温かい歌になりそうです。
宮嶋いつく
★0

まっさおなストーブ点けて寝ころんだ

出詠名 赤木瞳
12 / 5 ×1 ×1 ×3 ×1

互選名 村田一広蟻男ロサ・ブラックティー雀來豆静ジャック赤木瞳

選評名 「まっさおな」が、とても印象的。
雀來豆
★0

初雪の降る夜に熱いスマートフォン

出詠名 きい
13 / 5 ×0 ×3 ×7 ×1

互選名 知己凛村田一広蟻男ロサ・ブラックティー雀來豆ユキ藤 かづえ静ジャック宮嶋いつくきい

選評名 寒い日でも、おしゃべりやチャットを長時間したら熱くなりますよね。スマートフォン。
下の句をつけてみたくなります。
知己凛
★0

鈴の音の気だるく聞こゆ冬木立

出詠名 静ジャック
14 / 3 ×0 ×1 ×5 ×1

互選名 村田一広坊斎ロサ・ブラックティー雀來豆きつねきい静ジャック

選評名 冬木立の間からサンタのそりが現れるような気がしました。
きい
★0

街も木も鈴なりの夢 年の尽

出詠名 ロサ・ブラックティー
15 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 村田一広坊斎雀來豆ユキ静ジャックロサ・ブラックティー

選評名 面白い。少し詰め込みすぎ、が惜しい。
雀來豆
★0

冬の雨きみが真っ赤な指で触れ

出詠名
16 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 つんロサ・ブラックティー雀來豆きい静ジャック

選評名 冬の雨がいかにも冷たそう。具体的な描写が出たことで下の句を自由に作れそうです。
きい
★0

焚火して円座を組むのは猿ばかり

出詠名 えさい
17 / 2 ×0 ×2 ×3 ×0

互選名 坊斎ロサ・ブラックティー雀來豆静ジャック宮嶋いつく

選評名 普通に考えると地上で火をコントロールできるのは人間だけのはず。ところが・・・下の句でこの不可解な状況に決着をつけろということですね。面白そう。
静ジャック
★0

あくる朝 子らのこさえた雪うさぎ

出詠名 知己凛
18 / 2 ×0 ×0 ×3 ×1

互選名 雀來豆赤木瞳静ジャック知己凛

選評名 かわいい風景。雪が降った「次の朝」ということでしょうか。
雀來豆
★0


Tポイントカード月POINTについて sing-for.month.jp/classic/tpoint.html
三ヶ月Data霜月の歌会上弦の部H28.11.10 up
順位筆名首席投句選句特選偏差EX合計

EX内訳

最優+3藤 かづえ

最黄+2坊斎

最緑+2いちかわあさひつんきい

初回+1赤木瞳

欠票-1えさい

欠評-1赤木瞳えさい

六連+3つんきい

のの+1全員(管理人欠席のため)

月開催後記


藤 かづえさんが通算2回目の上弦首席でした

通算40回出席: 宮嶋いつく

通算10回出席: 蟻男

連続10回出席: 蟻男


ありがとうございました 花

霜月の歌会上弦の部