連歌の花道『新月ノ歌会』

睦月の歌会

新月ノ歌会工事中

変身後のレッドがふんわり優しくて俺も明日からソフランにする ひの夕雅 × 淡海わこ

平成28年度 睦月の歌会『上弦の部』

今月は2月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも2月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(2点)×1票
並選(1点)×2票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

銀色の文字柔らかく猫柳

出詠名 常盤このは
欠席 / 15点 ×6 ×3 ×4 ×0

互選名 えさい木蓮雀來豆きつねみちくさ404notF0816ロサ・ブラックティー藤 かづえきい坊斎宮嶋いつく静ジャック

選評名 風に揺れて猫柳が文字を書いているように見えたのでしょうか。柔らかくというのが春っぽくていいと思います。
きつね
★0
猫柳の花穂を筆に見立てられたのかな と思いました。銀色の筆先で書いた文字。どんなメッセージでしょう。わくわくします。
みちくさ
★0
下句を考えるのが一番楽しみな句です。
動詞がひとつもないのにイメージがふくらまさせられてすごいと思います。
404notF0816
★0
猫柳を筆に見立てたところが素敵です。銀色の文字があちこちに浮かんでいるような楽しい春の始まりを想像しました。
きい
★0
「猫柳」と「銀色の文字」がとてもしっくりときます。
静ジャック
★0

冠ねえねえと猫柳にも話しかけ

出詠名 藤 かづえ
首席 / 11点 ×3 ×3 ×2 ×1

互選名 えさいきつね404notF0816ロサ・ブラックティー蟻男宮嶋いつく静ジャック藤 かづえ

選評名 街で見かけたらちょっと距離を置きたくなりますが、ここでは(絡まれる心配がないせいか)少しかわいく感じます。誰が何を話しかけているのか気になります。
きつね
★0
猫柳に話しかけたのが人ではない気がしまして(^^)好きです、こういうの。
ロサ・ブラックティー
★0
下の句を提出したら「上書きします」と書かれてましたが、もしや、上の句なしで提出したのが残っていたのでしょうか?思えば、そのままでも、意外としっくり来たかもしれません。
ロサ・ブラックティー
★0

鬼たちは節分前夜お茶すすり

出詠名 404notF0816
3 / 8 ×2 ×2 ×5 ×1

互選名 えさい知己凛木蓮みちくさロサ・ブラックティー藤 かづえ宮嶋いつく静ジャック404notF0816

選評名 鬼さんたちの前夜祭のようで楽しそうです。
下の句でどう化けるか・・・。
知己凛
★0
嵐の前の静けさというわけですね。赤鬼さんたちがのんびりお茶を飲んでる図って面白い上句だと思いました。
木蓮
★0
楽しいな。どんなお話してるんでしょう。
みちくさ
★0
「ーーーいっそこのままサボリにするか」・・でも律儀に鬼さん達は出かけていくんでしょうね(^^)
ロサ・ブラックティー
★0

ぷちぷちにそっとくるんで初春の

出詠名 静ジャック
4 / 8 ×1 ×4 ×5 ×1

互選名 村田一広雀來豆きつねみちくさ404notF0816ロサ・ブラックティー藤 かづえ蟻男きい宮嶋いつく静ジャック

選評名 楽しいイメージが広がります。ただ下句におまかせの形は、ちょっと勿体ない。
雀來豆
★0
ぷちぷちという楽しい語感がいいですね。
404notF0816
★0
ぷちぷちに、しかも「そっと」くるんでいるのだから、そうとう大切なものの気がします。そのやさしさがいいですね(^^)
ロサ・ブラックティー
★0
ぷちぷちって緩衝材のぷちぷちのことですよね。大事なものをくるむのでしょうけど、それが何なのか想像すると楽しく、初春の気持ちにぴったりだと思いました。
藤 かづえ
★0
「---『こころ』という名の届けもの」・・などと(^^;)
ロサ・ブラックティー
★0

懐かしい旋律の如き春時雨

出詠名 きつね
5 / 7 ×1 ×3 ×4 ×1

互選名 村田一広木蓮雀來豆みちくさロサ・ブラックティーきい坊斎静ジャックきつね

選評名 「懐かしい旋律」というのは人によって異なるでしょうが雨音には独特のリズムと調べがありますよね。「春時雨」という美しい言葉が合う上の句だと思います。
静ジャック
★0

赤リップひと塗りバレンタインデー

出詠名 雀來豆
6 / 6 ×1 ×2 ×1 ×1

互選名 村田一広ロサ・ブラックティーきい静ジャック雀來豆

選評名 赤という強烈な色に「渡すぞ!」という決意の様なものが見えまして、これを選びました。(・・それとも、もしかして、もらう側だったのでしょうか。)
ロサ・ブラックティー
★0

眠たげに顔を出したる雪割草

出詠名 木蓮
7 / 6 ×0 ×4 ×5 ×1

互選名 知己凛きつねみちくさ404notF0816ロサ・ブラックティー藤 かづえきい坊斎静ジャック木蓮

選評名 眠たげというのがまた春っぽさを感じさせてほんわかした印象を受けました。
きつね
★0
名前の通り雪を割って出て来たら、眠そうな顔をしているに違いありません。うまい!
静ジャック
★0
そういえば雪割草って花弁が閉じた状態で下向きで茎を持ち上げてくるんでした。
ロサ・ブラックティー
★0

朱塗り膳 さやえんどうの色を愛で

出詠名 ロサ・ブラックティー
8 / 4 ×1 ×0 ×6 ×1

互選名 村田一広みちくさ404notF0816蟻男坊斎静ジャックロサ・ブラックティー

選評名 朱色とさやえんどうの緑のコントラストがあざやかで心惹かれます。
404notF0816
★0
照り返す紅色の膳に、光を吸い込む様な薄緑色のさやえんどうが置かれる。色の対比も2月らしい素敵さですし、膳を設えた側の心遣いを想像すると楽しいですね。作為と非作為の間を丁度縫うような。
坊斎
★0

蕗の薹苦味の旨さに気づく子に

出詠名 知己凛
9 / 4 ×1 ×0 ×3 ×1

互選名 雀來豆ロサ・ブラックティー藤 かづえ静ジャック知己凛

選評名 下句への広がりがたのしみな句だと思います。
雀來豆
★0
「ーーーなれれば末は名コック?」うわぁこれは難しいです(><;)
ロサ・ブラックティー
★0

鉄琴に触れるかすかに冴返る

出詠名 塾カレー
10 / 4 ×0 ×4 ×4 ×0

互選名 木蓮ロサ・ブラックティー蟻男きい坊斎宮嶋いつく静ジャック

選評名 冬の寒さって鉄琴の音に似てるなあと、この季節になる度思います。きんと澄んでいるところが。
冬の朝の音楽室でしょうか。静かな情景です。
コンクールが近づいていて、朝練に一番に来て準備中に……と想像しました。

★0
何と言いますか、部屋は暖まってきているのに、鉄琴の腱(?)のところだけが金属で、その温度差にハッとした感じがしまして。「冴」の文字からも心地よい緊張感が伝わって来て、素敵だと思いました。
ロサ・ブラックティー
★0
旧暦に合わせているので二月の季語は春の始まりを思わせる語句が多かったのですが、今の暦で二月はやはり冬の最中。ピンとした冷たさを感じるこの句は触覚に響いてきました。
宮嶋いつく
★0

うぐいすが笛の稽古に励む頃

出詠名 宮嶋いつく
11 / 4 ×0 ×2 ×7 ×1

互選名 知己凛雀來豆みちくさ404notF0816ロサ・ブラックティー藤 かづえきい坊斎静ジャック宮嶋いつく

選評名 春の訪れを告げるうぐいすもお稽古するんですね。
ふふっと思わず笑みがこぼれる上の句です。
知己凛
★0
うぐいすの声を笛と捉えたところがおもしろいな、と思いました。確かに笛の音色のような美しい声ですね。本格的な春までしっかりお稽古するのでしょう。
藤 かづえ
★0
「---打てや鼓のかの音を」・・ああそういう感じの詩がありました(^^;)
ロサ・ブラックティー
★0
ホーホケキョ ポン ホーホケキョ ポン ヒーホケキョ ポン (^^)
ロサ・ブラックティー
★0

浅き春通知ランプがぽっと咲く

出詠名 きい
12 / 4 ×0 ×2 ×5 ×1

互選名 雀來豆みちくさ404notF0816ロサ・ブラックティー藤 かづえ蟻男静ジャックきい

選評名 何の通知ランプでしょう。下句次第で雰囲気が変わるお歌ですね。
404notF0816
★0
なかなか自由度が高くて、いろいろイメージが膨らみそうです。
ロサ・ブラックティー
★0
「---あの花 この花 枝えだに」そういえば報春花というのありますよね(^^)
ロサ・ブラックティー
★0

青空に紅梅白梅敷き詰めて

出詠名
13 / 3 ×0 ×1 ×4 ×1

互選名 村田一広木蓮雀來豆ロサ・ブラックティー静ジャック

選評名 きれいな画なんですけど、青、紅、白が近いところにあってちょっとうるさく感じました。
きつね
★0

山間の野焼く煙は冬空へ

出詠名 坊斎
14 / 3 ×0 ×1 ×3 ×1

互選名 知己凛雀來豆きい静ジャック坊斎

選評名 端正な句だと思います。その分、下句への広げ方が難しいとも感じました。
雀來豆
★0

熱量はボール伝わり溶けてゆく

出詠名 みちくさ
15 / 3 ×0 ×1 ×1 ×1

互選名 村田一広静ジャックみちくさ

選評名 季語も意味もわからなくて考えさせられたんですけど、ボウルですかね?バレタインデーのチョコを作っているところですね?そう気がついて情景が浮かびました。
きつね
★0


Tポイントカード月POINTについて sing-for.month.jp/classic/tpoint.html
三ヶ月Data睦月の歌会上弦の部H29.01.20 up
順位筆名首席投句選句特選偏差EX合計

EX内訳

連続+2藤 かづえ

最優+3藤 かづえ

最黄+2静ジャック木蓮塾カレー

最緑+2宮嶋いつく

初回+1常盤このは

欠票-1常盤このは塾カレー

欠評-1常盤このは塾カレー

六連+3知己凛

のの+1全員(管理人欠席のため)

月開催後記


藤 かづえさんが先月の下弦から連続首席でした

常盤このはさんは選句欠席で残念賞でした... (ノ_・。)

通算70回出席: 知己凛

連続60回出席: 知己凛


ありがとうございました 花

睦月の歌会上弦の部