連歌の花道『新月ノ歌会』

霜月の歌会

新月ノ歌会工事中

こ、き、くる、くる、くれ、こいこい初恋の青さもぜんぶかき消せよ風 笠原楓奏(ふーか) × 小泉夜雨

平成26年度 霜月の歌会『上弦の部』

今月は12月の季語を詠んだ上の句を提出ください


 季語リストに未掲載でも12月に関連する語であれば構いません

詠草リスト

[今回の投票式目]
特選(2点)×1票
並選(1点)×2票
次選(0点)×∞票
互選(2点)×1票

冠舐められて切手のうさぎ飛び出した

出詠名 ちゃむ
首席 / 14点 ×4 ×4 ×3 ×1

互選名 きつね彩華毬井七月黒夜行迂回管理人長月優すみさくらべに宮木水葉小宮子々ちゃむ

選評名 イメージ喚起力が強いなぁ。「舐められて」っていうのもいいですね
黒夜行
★0
うさぎは白い兎なんだと思います。どんな手紙から飛び出して、どこへ行くのか、とても気になります。
小宮子々
★0
ちゃむさんが長月の上弦に続いて
得意のうさぎで二ヶ月ぶり二回目の優勝でした! ☆・゚v(o’∀`o)v゚・☆
管理人
★0

紙漉きの調べ清けき里山に

出詠名 さくらべに
2 / 13 ×4 ×3 ×3 ×1

互選名 箔紙hamham知己凛黒夜行迂回ちゃむさとこ管理人すみさくらべに

選評名 まるで一枚の写真のような上の句です。冬山の冷たい水に和紙も引き締まりそう。厳かな雰囲気があります。
箔紙
★0
鼻腔を通る空気の冷たさ、手の悴み、紙漉きの音が体感として再現されました。
hamham
★0
「紙漉きの調べ」っていうのが、「そこに着目したか!」という斬新さがあっていいなと思います。
黒夜行
★0
これいいですよね!
紙漉きて冷たい水でやるし透き通った冬の雰囲気と漉き途中の半透明な楮とが通いあってすてきな句になっているとおもいました
すみ
★0

冬至にはたくさん月を湯に浮かべ

出詠名 毬井七月
3 / 11 ×3 ×3 ×4 ×1

互選名 箔紙知己凛終栗夢ちゃむ奈月遥長月優すみさくらべにえんどうけいこ毬井七月

選評名 ゆず湯ですね。黄色のゆずがたくさん浮かぶお風呂をうまく表現されていると思いました。
知己凛
★0
月をゆずに見たてた楽しい上の句だと思います。下の句への広がりが期待できます。
ちゃむ
★0
月をたくさん のほうが語順がすっきりするかなーておもいます(小言)
かわいいです
すみ
★0
月が複数になる発想とあたたかさに
とても惹かれました
さくらべに
★0

さよならとまたねと白い息ばかり

出詠名 長月優
4 / 11 ×3 ×3 ×1 ×1

互選名 きつねちゃむさとこ奈月遥管理人小宮子々長月優

選評名 切ない感じが好きです。白い息のせいで何を言っても寂しく感じてしまいそうですね。
きつね
★0
空気の冷たさと息の白さがひんやり伝わってくる印象的な句です。
わたしは何となく、切なさより明るさを感じました。
さとこ
★0

膨らんだモチにもキスをしたくなる

出詠名 黒夜行
5 / 8 ×0 ×6 ×3 ×1

互選名 箔紙きつねhamham知己凛終栗夢さとこ長月優すみさくらべに黒夜行

選評名 焼きもちをやいてほっぺを膨らませている姿もかわいいな、ということでしょうか。ほほえましい感じがします。
きつね
★0
モチはかわいい。
hamham
★0
一番の方おっしゃってるように、とってもかわいいぷっくりしたほっぺが浮かびました。拗ねた顔も愛おしいということでしょうか。
知己凛
★0
おもちというとお正月のイメージがどうしてもあるのですがキスというのがなにか西洋のイメージというかイルミネーションや蝋燭の灯りのなかで行われるもののようなロマンチクさを醸しています
やけどに気をつけて!
すみ
★0
可愛くて、明るく楽しい気分になります。もちもち。
さとこ
★0

マスクでないふたりが手をつなぐ それは

出詠名 はだし
6 / 7 ×2 ×3 ×2 ×0

互選名 村田一広迂回さとこ長月優すみ小宮子々

選評名 巧い破調ですね。一字空けのあとの「それは」が効果的です。
村田一広
★0
要素の配置がよくて下句考えるのが楽しそう。上句だけでも綺麗なので、崩さないようにって難しさもあります。
迂回
★0
それは、につながる部分が気になる、素敵な上の句だとおもいます。
長月優
★0

焼き芋を夕日に似せてはんぶんこ

出詠名
7 / 6 ×2 ×0 ×3 ×1

互選名 知己凛村田一広さとこ長月優さくらべに

選評名 きれいなオレンジ色のほくほくの焼き芋がおいしそうです。はんぶんこってところがほほえましく、2人でいることが想像され、下の句でのドラマが楽しみな句です。
知己凛
★0
「夕日に似せて」が眼目として印象的ですが、夕日を「はんぶんこ」する画が上手く浮かべられず、どう似てるのかなってイメージを共有しきれなかったです。雰囲気の良い一句なので、読み手こちらの力量不足なのか惜しいと思いました。
管理人
★0
前評の方とおなじく2句目が不可解に思えてしまいました
その解決を下の句に寄せているのだとするとすこし難しくなりそうです
すみ
★0

陽だまりに焦がれて君は冬の蝶

出詠名 小宮子々
8 / 5 ×1 ×1 ×4 ×1

互選名 村田一広終栗夢迂回ちゃむ長月優小宮子々

選評名 どの言葉もうつくしいです。冬の蝶というと儚いイメージがあります。陽だまりというのは、明るい人生の比喩かなと思いました。陽だまりを探して飛ぶ蝶が思い浮かびました。
終栗夢
★0

スキップは得意なんだと言うきつね

出詠名 きつね
9 / 5 ×0 ×3 ×1 ×1

互選名 村田一広管理人えんどうけいこきつね

選評名 童話的なきつねですね。スキップときつねの取り合わせが新鮮でいいな。
村田一広
★0
「スキップ」「きつね」が確かに新鮮な組み合わせで、なのに読めばふわっと「あ、きつねはスキップする」と思えるその自然さ。絶妙と思いました。
管理人
★0

配り終えたサンタにわたすプレゼント

出詠名 村田一広
9 / 5 ×0 ×3 ×1 ×1

互選名 毬井七月黒夜行管理人宮木水葉村田一広

選評名 サンタさんが来ると信じていた頃、ウィスキーやクッキーをお供え(?)して寝たことを思い出しました。カラの橇をなにでいっぱいにしてもらおうか考えたくなりますね。
毬井七月
★0
ですよね。サンタにも、プレゼントあったほうがいいですよね~
黒夜行
★0

湯豆腐の背中流してほかほかと

出詠名 箔紙
10 / 4 ×1 ×0 ×5 ×1

互選名 村田一広毬井七月管理人すみさくらべに箔紙

選評名 めっちゃかわいい
すみ
★0
なるほど湯豆腐の面は
背中を連想させますね…
お腹が空きました
さくらべに
★0

公園の霜を踏みしめ見上げれば

出詠名 彩華
11 / 4 ×1 ×0 ×1 ×1

互選名 ちゃむえんどうけいこ彩華

選評名 何かつらいことがあったのかな、と想像しました。どうってことのない風景なのですが、なぜか好きです。
えんどうけいこ
★0

クリスマスツリーの星を飲み込んで

出詠名 終栗夢
12 / 4 ×0 ×2 ×4 ×1

互選名 きつね村田一広迂回長月優小宮子々終栗夢

選評名 下の句にファンタジーな予感を漂わせつつ、喉がいがいがになりそうな気も…
箔紙
★0

大晦日親族チャンネル争奪戦

出詠名 すみ
13 / 4 ×0 ×2 ×2 ×1

互選名 村田一広彩華奈月遥宮木水葉すみ

選評名 一家に一台という時代ではなくなってきたと思うのでちょっと古い印象を受けました
きつね
★0
親戚一同たくさん集まってにぎやかな光景が浮かびます。リズムも楽しいです。
彩華
★0

おふとんのぬくもりに負けそうなとき

出詠名 レオ
14 / 3 ×0 ×3 ×5 ×0

互選名 きつね知己凛終栗夢彩華毬井七月さとこ管理人

選評名 冬のあるあるですね。打ち勝つ策を講じるのか、心を折ってしまう何かが起こるのか。下句で決着(?)ですね。

★0
休日は間違いなく負けます
きつね
★0
負けますね~あと5分!下の句は甘い方向にもいけそうな、ダメ人間にもなれそうな。
彩華
★0
「おふとん」の響きと、ひらがながいいですね。
みんなどうしているんだろう、と下の句が楽しみになります。
さとこ
★0

意地悪なサンタがくれたプレゼント

出詠名 えんどうけいこ
15 / 3 ×0 ×1 ×1 ×1

互選名 終栗夢すみえんどうけいこ

選評名 こういうありきたりかもしれないけどシンプルでかわいさのある上の句は下の句もつけやすいしひとによって広がりが様々になるとおもうのですてきだとおもいます
すみ
★0

冬支度祖母からもらったちゃんちゃんこ

出詠名 知己凛
15 / 3 ×0 ×1 ×1 ×1

互選名 箔紙奈月遥知己凛

選評名

自殺者の最も少ない年の暮れ

出詠名 高島津諦
16 / 2 ×0 ×2 ×4 ×0

互選名 hamhamさとこ管理人長月優すみ宮木水葉

選評名 あたたかさを詠う上句が多い中、ブラックさがキリリと引き立っています。下句でさらに落とすか、上げるか…。
hamham
★0
ドキッとする初句「自殺者」で目を引き、続けて読むと「最も少ない」とポジティブなイメージに転じる。一捻り読み手の心を突く、策士的な面白い作りと思いました。
管理人
★0
ネガティブなイメージなのですが、最も少ない、とあるので、下の句次第でしあわせもあるんだろうなあ。
長月優
★0

ねんねこにねこをせおいてひなたぼこ

出詠名 hamham
17 / 2 ×0 ×0 ×4 ×1

互選名 箔紙村田一広管理人hamham

選評名 本来は子供を背負う「ねんねこ」に「ねこ」を(まるでカイロ代わりに)背負う情景が、語呂合わせも愉しく可愛らしいです。子供が母親の真似をしたり、または子供が大きくなった後の老母だったり、それぞれの読み方でもノスタルジックで温かい情景。ひらがなも効果的と思いました。
管理人
★0

仕方なくフレームのかど愛撫する

出詠名 管理人
17 / 2 ×0 ×0 ×4 ×1

互選名 hamham黒夜行迂回長月優管理人

選評名 エロい歌はいい歌
hamham
★0
どの辺が12月なのかはよくわかんないんだけど、気になるんだよなぁ
黒夜行
★0

スチームの駆動 踏みゆく石畳

出詠名 迂回
18 / 2 ×0 ×0 ×1 ×1

互選名 村田一広迂回

選評名


Tポイントカード月POINTについて sing-for.month.jp/classic/tpoint.html
三ヶ月Data霜月の歌会上弦の部H26.11.10 up
順位筆名首席投句選句特選偏差EX合計

EX内訳

最優+3ちゃむ

最黄+2黒夜行

最緑+2箔紙レオ

初回+1終栗夢

欠票-1はだしレオ高島津諦

欠評-1はだしレオ高島津諦

六連+3ちゃむ箔紙

のの+1長月優

月開催後記


ちゃむさんが通算2回目の上弦首席でした

通算30回出席: 

連続30回出席: 


ありがとうございました 花

霜月の歌会上弦の部